読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の頭の中のGoogle

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

「革命」の夜明け前 “Q2 ✕ 高岩遼” at 下北沢GARAGE 2016-07-15

2015年10月26日「革命」

 

あの日、あの瞬間に受けた衝撃が忘れられず、その続きが見たくて9ヶ月近く経って今も新宿の路上や下北沢のライブハウスに通い詰めています。

 

 

musicoholic.blog.jp

 

そんな「革命」を起こした張本人、高岩遼が解体される、そんなイベントが2016年7月15日開催されました。

 

 

(全く関係ですが、その日に食べた影武者(ラーメンのことです)が素晴らしかったことも、ふと書きたくなりました。)

 

このイベントが開催されるきっかけは、恐らく前月のRYO TAKAIWA SHOW。

いろんな設定があったものの、質問に対してストレートに回答しない遼くんに業を煮やしたのが発端でしょう。(もちろんSHOWとかけています。)

 

 

 

今回の設定は、雨の日のスナックまゆみで、ライター三宅正一さんが偶然出会った高岩遼へ、現在の職業(ミュージシャン)をきっかけに、そのルーツを探っていくというもの。

 

正一さんは、イベント前日に公開されたインタビューからも垣間見れる通り、高岩遼に惚れ込んだ一人でもあり、また高岩遼の良き理解者です。

呂布 × 高岩遼『All in One EP』対談インタビューneol.jp | neol.jp

(この記事書けるの正一さんしかいないっしょ!というくらい、3人の自然体な画が想像できます。)

 

 

肝心の本編については、自分の理解と表現が追いつかないので、割愛します。

 

もちろん素敵な歌も盛りだくさんでした。メインは淡々と、でも熱を持って正一さんの質問に遼さんが答えていくというだけでした。

 

特に口止めされた訳でもありません。

ただ、「こういう日があった」ということを記録したくて書いています。

 

 

もし何かを期待して辿り着いた方がいれば、ごめんなさい。

でも、「永久保存版」と銘打った通り、記録はしているそうです。「将来自伝を出した頃に出すかも」みたいなことはポロっと漏らしていました。

 

 

「革命」後も、THE THROTTLE渋谷タワレコインストア、水曜日のスロットル3周年スペシャルと、度肝を抜くパフォーマンスで魅せてくれましたが、全く別軸で忘れられない夜になりました。

 

「いこう、最後まで」

 

「最後ってどこやねん。」っていつも思っていたこの言葉が、やっと心に響くようになりました。

 

あとは”プロ”のツイートを拝借してどろん。