読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の頭の中のGoogle

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

「ショーとLIVEをします!」 #めいちゃんオール感謝祭 2016-04-17

度肝を抜かれた。

 

今もこれを書きながら、まだ混乱しています。思い出そうとすると時々こわいです。

 

今日はlyrical schoolのメンバーmeiちゃんの誕生日イベントでした。

 (書いてるうちに日をまたいでしまった…猛省)

 

題して…

 

  

めいちゃんオール感謝祭

 

 

 

  

ここまで混乱を吹き飛ばすつもりで書いて、気付いたらMac Book Proをポチりました。

ずっと悩んでいましたが、meiちゃんに背中を押されたようです。

「カードご利用のお知らせ」メールが届いて冷静になりました。ありがとうございました。

 

 

www.instagram.com

 

 

話が逸れました。失礼。

事前に出た情報をまとめてみます。

 

 

振返れば なるほどと思う部分はあるけど、彼女を4年追っていても想像することはできなかったです。そう、宇宙です。

 

 

開場は18:00だったので17:47ごろ会場前に到着。

店の横に溜まるヘッズ。整列はナシ…笑

 

この時、メンバーamiちゃんyumiちゃんが横を通って

伊勢丹さんってどっちですか?」

と聞いてきたので方向を案内しました。

 

お店に「さん」を付ける育ちの良さナイスです。

 

今思えばアレを買っていたのかな?

 

 

18:10ごろお店の方に案内される

「感謝祭にご参加の方ー?」

素晴らしい呼び出しでした。

f:id:tamilog:20160417235311j:plain

 

エレベータで6階へ上がるとウェルカムボードが飾ってありました。

f:id:tamilog:20160417225101j:plain

 

開場し、中へ入ってスタミナタオルを購入。

会場後方にはヘッズお手製「めいちゃんのおうち」が再現されていました。

f:id:tamilog:20160417232620j:plain

(特定班、お疲れ様でした。)

 

各自椅子を並べて着席し、同じテーブルになったヘッズと前日のステラや過去の生誕を振り返ったり、テーブルを回ってビールを注ぐ「親族芸」をしながら開演を待ちました。全く予想ができず、妙に緊張していましたが、思い返してみればこれも親族芸だったりなんかしちゃって…。

 

 

18:40ごろ、壮大なBGMと共に、時は来た。


Announcement of the host city for the Games of the XXXII Olympiad in 2020

(恐らくこの映像の17:45から使われていました。)

ロゲ会長のスピーチに合わせて、「meiちゃんの誕生日会開催地は……東京」とうい趣旨のテロップが流れる。「東京」発表のの瞬間、早速会場のボルテージは最高潮へ。でも終わるまで妙な長さがあり、若干戸惑うヘッズ。

 

 

映像が終わり、DJ浅野が音楽を流して本日の主役登場です。

f:id:tamilog:20160417233417j:plain

(このパートのお召し物がコチラ

 

meiちゃん歌おうとするも早速のマイクトラブル/(^o^)\アチャー

「なんだよー!」と残念がりながら仕切り直す。

 

ここで披露した曲はKREVA『国民的行事』。meiちゃん、オリンピックは「国際的」行事やで。それにしても自身の生誕祭スタートを「国民的行事」とするなんて、何の宣言だろうか。天下取っておくれ。

www.youtube.com

 

無事歌いきって乾杯へ。ヘッズからコーラを渡されたmeiちゃん「コーラ大好き!」 以前、コーラは骨が溶けるからあまり飲めないって言ってたけど、我慢してたんだね。あんたが主役や!飲め飲め。

 

meitちゃん同様、他のリリスクメンバー5人も登場し、卓を回っていた。まるでバスツアーのような実にピースフルでハートフルな光景が広がっていました。himeちゃんの厚底具合に心が乱れましたが。

 

歓談も落ち着いてきたところで、yumiちゃんが登場し映像を振る。

 

内容はmeiちゃんの幼少期を振り返る写真や、25歳を前に、当時の思い出の場所に出向いたもの。

兄妹3人、男の子に間違えられた時期、当時住んでいた駅、遊んでいた川、通った幼稚園、小学校、公園で子どもと一緒にあそんだり、お母さんと撮った写真をキムさんと再現したり、小学校の上り棒登ったり…。子どもの頃のmeiちゃんが想像できて幼馴染になった気分でした。

f:id:tamilog:20160419131533j:plain

(BGMはTOKIO『AMBITIOUS JAPAN!』 個人的にも思い出のある曲なので嬉しかったです。)

 

 

そして、例の「ショー」の時間がやってきました。

マイケルとジョーンズの登場です。

 

 

どうやら、そうでない人ユキジさんという方のパロディらしいです。

www.youtube.com

 

披露したのは『春一番』とあと一曲何だっけ、、たぶんハローの曲だったはずです。。

 

ここでもお決まりのハプニング続出。

まず、マイケル&ジョーンズが引っかかって出てこれず。何とか出てきたと思ったらジョーンズの手が早速取れていた。さらにmeiちゃんが歌って踊る間に二人のウィッグは取れ、首はビヨ~ン。meiちゃんが回ると座ってる方に近づいてくるのから、たまったものじゃない。人形とは分かっていても恐怖。真ん中の人すごい笑顔だし。何だこの天国と地獄は。

 

ブログで"ビジーフォーショータイム"と言っていたけど、グッチ裕三モト冬樹のアレですか…?

 

 

そして最後のパートと一言置いて、去年作った『ハッピートゥディ ザ・ピース』と一昨年作った『一人じゃないよ』を披露。

去年、一昨年と一発で歌いきれなくて悔しがってたけど、今年は(なんとか)やりきった!!!

 

続いて、ayakaちゃんの「ちょっと待ったー!!」でケーキ登場!デカイ!!

 f:id:tamilog:20160419130040j:plain

 

さらに、ガチサプライズ(?)でメンバーから名刺のプレゼントが渡される。

f:id:tamilog:20160419132514j:plain

 

さらに、主役meiちゃんがメンバーに甘えて作詞を頼んだ曲を5人から披露。
「お手紙読むつもりで、携帯見ながらでいいからね」と安心させようとするmeiちゃん。早く聴きたくてしょうがなかったくせに。

 

↓↓↓曲はこんな感じ↓↓↓

 

『tengal6(meiちゃんへの手紙)』※メモできた分のみ

 

(ayaka)

いきま~す!m・e・i

めいいっぱい、楽しむ事に精一杯
フルパワー 幸せいっぱい降るから

 

(hime)
Danceのteacher like a 本物のお姉ちゃん
ぼのぼのよりもほのぼの

 

(yumi)
生きてりゃ山あり谷ありだけど
楽しむからこそ笑いあり
meiやるときはやっぱりやる!
笑った顔がやっぱ似合う

 

(minan @リリスク on Twitter: "@meeeeei01 25歳の毎日もみんなで It'sショータイムって盛り上げてこう! 太陽みたいな芽依のそばにずっといたいよ 来年の今日もこんなパーティーがしたい https://t.co/pyxtZp5wvC")

25歳の毎日もみんなで

It'sショータイムって盛り上げてこう!

太陽みたいな芽依のそばにずっといたいよ

来年の今日もこんなパーティーがしたい

 

(ami)
めめは人生のパートナー
いつも本当にありがとうなー
奇想天外にビックリ
そんな存在唯一無二

 

 *

amiちゃんのバースが終わる頃に喜びを爆発させて涙するmeiちゃんから出た「メンバーって最高だねー!」は見てるこっちも幸せになりました。メンバーの生誕イベント全部顔出してるmeiちゃん、あんたは愛されて然るべき人なんだよ!!てやんでい!

 

meiちゃんがクオリティを絶賛すると、minanちゃんが「ラップアイドルやからな、一応!」と言い切ったのか一応なのか分からないけど、ドヤァな感じカッコ良かったです。実際、minanちゃんのバースは韻を踏んでいた印象はなかったものの、言葉のリズムへのハメ方(フロウの運び方?)が完全に熟練ラッパーでした。 #minan_daite

 

そして、meiちゃんからのオファーが4小節ということだったらしく、こちらに対してメンバーからはブーイング。「想いが溢れすぎて大変だった」というminanちゃんのコメントもグッドやったで!!調子に乗ったmeiちゃん「次は8小節で…」と打ち返すのも満点でした。

 

そして、6人で『苺のショート』と『RUN and RUN』を披露。

 

『苺のショート』は現体制初披露。初披露のhimeちゃんが曲振り。

hime「お誕生日ケーキはー?」

ヘッズ(1名)「苺のショート!!」

hime「それでは聴いてください『苺のショート』」

 

緑パートは一段と難しいと思うけど、やりきったhimeちゃん流石やで!!

 

そしてラスト『RUN and RUN』。メンバーが席を練り歩き(走り)ながら歌った。

昨年のZeppの『ワンダーグラウンド』もそうだったけど、決まった振りをせず、何かをやりきった後の程よく力の抜けた表情で披露する自由さが自分は大好物です。

 

"大丈夫想像して もっと楽しくなるはずって"

"悲しみの倍 喜びはある 君はやっぱり笑顔が似合う"

 

 

そして恒例の集合写真

 

タオルにローマ字でと書かれた「たくさんの花を咲かそう」の「花」はmeiちゃんにとって「笑顔」を意味しますが、「もっと大きいところで(リリスクタオル)広げたい」って言ったのも印象的でした。少なくともこの日は腹抱えて笑いました。アッパレ!!

 

25歳の目標については、次のように語っていました。

「メジャーデビューして、リリスクはもちろん、みんなにヒップホップアイドルが居るよってことを伝えていく!!」

 

 

そして、締めの前に隣にいるamiちゃんに耳打ちをするmeiちゃん。

mei「meiとー!」

ami「ゆかいな仲間たちでしたー!」

mei「よーーおっ!」

一同 \パンッ!/

  

 

そして特典会へ…。ヘッズが贈ったケーキが来場者にも振る舞われました。お誕生日会っぽくて個人的に1つの夢でした。やったね!

 

今回、meiちゃんはヘッズをもてなすつもりで準備したんだろうし、実際meiワールド全開で大層笑わせていただきましたが、最後に「幸せ―!!」って言ってる姿を見れて嬉しかったです。その言葉が聞きたかった!!!

 

 

文体揃っていなかったりしていますが、ご了承ください。当日のことを思い返せば誤差です。スマホジャックで驚いてる場合じゃなかった。2年前の「スタミナ学習帳」でmeiちゃんは「トリックスター」と表現されていたけれども、トリックもいいところだ。自らの予定調和も壊してくる天才でした。そんな推しを惚れ直した2時間でした。

 

誰も予想できない、25歳のmeiちゃんも必見です。

 

次の休日誕生日は2020年。オリンピックイヤーにまたあのオープニングを何倍もの会場で見たいです。

 

お誕生日おめでとう!

 

ameblo.jp